体脂肪を減らす方法は男女で違う?!

体脂肪を減らすおすすめのダイエット法は男女で異なる!!

 

ダイエットを難しく考える人は多いのですが、単純に『消費カロリー』『摂取カロリー』の差を考えればいいだけの話です。

 

ただそこにモチベーションとか時間とか、いろいろな要素がからんでくるので、難しく考えてしまうんですね。

 

 

男女の『筋肉の差』を知ろう!!

 

体脂肪を減らすこと・・・つまり『ダイエット法』に関しては、どうしても男女で異なる点がでてきます。

 

そこを踏まえて、男性と女性それぞれのおすすめのダイエット法を紹介したいと思います。

 

 

当サイトは筋トレサイトなので、そこに注意すると・・・

男性:筋肉がつきやすい、必要摂取カロリーは多い
女性:筋肉がつきにくい、必要摂取カロリーは少ない

 

そのため、おすすめダイエット法は・・・

男性:筋肉を付けて代謝を多くする、摂取カロリーを抑える
女性:有酸素運動等で消費カロリーを増やす、摂取カロリーを抑える

 

ですね。

 

 

このような性別による『身体の差』をわかっていれば、スムーズにダイエットできるわけです。

 

というわけで、具体的なダイエット法を紹介します。

 

 

男女の共通点

 

男性も女性も、単純に摂取カロリーが消費カロリーを下回ると“痩せられる”わけです。
(厳密には糖分ですが、まずは深く考えないようにしましょう)

 

ですから、普段からカロリーの少ないものを選んで食べればいいんですね。

 

 

炭酸水を飲んで痩せる!

栄養の吸収スピードを考えれば、1日3食より5食ぐらいに分散させたほうがいいですが、そうすると満腹にならないという気持ちの問題もでてきます。

 

そこで、食前・食間の秘密兵器として『炭酸水』をおすすめします。

 

砂糖たっぷりのジュースはダメですよ(笑)

 

炭酸水を食前に飲むことである程度腹が膨れますので、食べすぎがなくなります。

 

 

また、腹ペコ状態になる前・・・ちょっと小腹が空いてきたかな?と思ったときに、食間のおやつとして炭酸水を飲むことがコツです。

 

水分の補給と同時にダイエットにもなるというわけです。

 

 

男性の場合

 

男性には『筋肉がつきやすい』性質があるので、大きくなりやすい筋肉から鍛えることで、ダイエットの基礎を作ることができます。

 

時間のない方は、ビッグ3と呼ばれる『胸』『背中』『足』を重点的に鍛えることをおすすめします。

 

そうすることで、効率的にバルクアップでき、代謝もアップさせることができます。

 

 

女性の場合

 

女性には『筋肉がつきにくい』性質があるので、たとえ『細マッチョ』の筋肉量を得るためにも高強度トレーニングが必要になってきます。

 

ビルダーを目指している人以外は現実的ではありませんね。

 

 

女性の場合、消費カロリーを増やすのは『有酸素運動』『全身運動』などが有効です。

 

男性のように大きな筋肉を重点的に鍛えるものではなく、全身の筋肉を効率的に動かしてダイエットすることが理にかなっていると言えます。

 

ヨガ、ピラティス、ボクササイズ・・・ぜんぶピッタリですね。

 

 

もっと手軽にダイエットしたいならば、ジョギングやウォーキング、たまに軽いウエイトでの筋トレがおすすめです。

 

 

私の姉(40代)も、ウォーキングと筋トレで、55kgから50kg強まで体重を落とすことができています。

 

体重だけをみれば大きな変化ではないかもしれませんが、見た目はぜんぜん違います。

 

これも筋トレの効果です。

 

 

ただ個人差がありますので、ぜひいろいろ試してみて、あなたに合った方法でダイエットを成功させてください。