筋トレをサボると筋肉が脂肪に変わる?!

筋トレをサボると筋肉が脂肪に変わるのは本当?!

 

『筋力トレーニングをしないと筋肉が脂肪に変わる?!』

 

と、まことしやかに噂されていますが、答えを言ってしまうと・・・

 

『ウソ』

 

です(笑)

 

 

組織がぜんぜん違うのに、変わるはずがありません。

 

豚肉が牛肉に変わるようなものです(笑)

 

 

『筋肉が脂肪に変わる』は半分当たっている?

 

筋トレをサボると筋肉が脂肪になるのは本当?

まあ答えは『ウソ』なのですが、筋肉を使わないと『筋肉が脂肪に変わったように見える』というのは正しいと思います。

 

筋肉が萎むと相対的にその周りの体脂肪は多くなるため、まるで筋肉が脂肪に変化したように見えてしまうんですね。

 

 

そうなると、外見もかなり悪くなります。

 

ハリのある若々しい肉体ではなく、セルライトだらけのボコボコ脂肪でだらしなく垂れ下がっている・・・

 

そんな見た目になってしまいます。

 

 

筋肉量の減少は代謝に影響も・・・

 

筋肉量が減ると代謝量も減ります。

 

すると、今までとまったく同じ食事を摂っていても太ってしまう・・・という笑えないことになってしまうのです。

 

 

ダイエットの際は『食べることが大切』とよく言われますが、このことも関係しているんですね。

 

バランスの良い食事が筋肉量を維持し、スムーズなダイエットにつながるわけです。

 

結局、『筋トレをサボると筋肉が脂肪に変わる』というのはあり得ないのですが、筋肉量が少なくなることで代謝が低下、太りやすい身体になるということを覚えておいてください。