フリーウエイトトレーニングの説明

フリーウエイトトレーニングとは?

 

ここではバーベルやダンベルなどの「フリーウエイト」を使ったトレーニングのやり方を説明します。

 

自宅トレーニングのように、自重や自作のエコバッグケトルベルなどを使用するものではなく、スポーツジムに通ってバルクをよりアップさせる方法になります。

 

ですので、ジムに行く時間がない方には向いていない内容ですが、私のように

 

「自宅の部屋や車庫にウエイトトレーニング設備を整えてしまった!!」

 

そんな筋トレに心を支配されたあなたもぜひ参考にしてください(笑)

 

 

胸、背中、足を中心に、割りと高重量のウエイトを取り扱いますので、未経験者は必ずトレーナーなどの指示に従ってください。

 

自宅でやる場合は、場所を取りますが「パワーラック」(→右写真)などがあれば便利かつ安全です。

 

 

より本格的に筋トレをやりたいあなたに・・・

 

ここで紹介するトレーニング法は、

 

「自分はいくら筋トレしても筋肉が大きくならない!!」

 

「ジムに行く時間はあるから、これを期にウエイトトレーニングをしてみたい!!」

 

「ベストボディ・ジャパンに出場して恥ずかしくないくらいの身体にしたい!!」

 

「とにかくデカくなりたい!!」

 

このような意気込みを持っているあなたのためのメニューです。

 

 

そのため、紹介する動画はできるだけトップのボディビルダーのものを準備します。

 

そのほうがテンションが上がりますからね(笑)

 

 

ただ、私たちのような“ナチュラル”の場合、同じような高強度&高セットトレーニングをしてしまうと、バルクアップどころかケガの元になってしまうので、あなたの体力に合わせたセットを組んでください。

 

たまに専門用語を使いますが、この期に覚えて心身ともに筋肉になりましょう!!

 

 

よく使う用語

 

バルクアップ=筋繊維を太くすること(筋肉をでかくすること)

 

レップス=回(例:ベンチプレス12レップス=12回)

 

ナロウ(グリップ)=バーベル等を持つ際、手の幅が狭いこと

 

ワイド(グリップ)=バーベル等を持つ際、手の幅が広いこと