最適な筋トレの頻度とは?

毎日?週に1回?最適な筋トレの頻度とは?

 

「筋トレって毎日やったほうがいいの?」

 

「筋肉痛になったらやりすぎだから回数を減らすべき?」

 

など、「筋トレの頻度」についてよくわからない人も多いのではないでしょうか?

 

このページではそのあたりを詳しく説明しますが、最初に答えを言ってしまうと、「最適な筋トレの頻度は目的による」ということになります。

 

 

目的に応じて筋トレの頻度は違う

 

最適な筋トレの頻度とは?

筋トレの頻度は、あなたの目的、目標によって異なってきます。

 

運動不足を解消する目的、ボディビルダーになる目的、そして細マッチョになる目的・・・それぞれで、筋トレの内容や頻度は大きく変わってきます。

 

当サイトのように細マッチョ(適度な筋肉+少ない脂肪)を目指すなら、それほど重くない重量で筋トレすることが主になります。

 

 

自重(自分の体重)だったり軽めのダンベルを使用したりですね。

 

そのため、筋肉にかかる負荷も少なくなるので、回復にかかる日数も少なくて済みます。

 

つまり、頻度を高くすることができるということです。

 

 

例えばプッシュアップ(自重)を家トレで行う場合、週に3回ほど、2日に1回程度が良いでしょう。

 

 

ただし、疲れが蓄積していないかどうか確かめながらトレーニングしてください。

 

自重でオーバーワークはあまりないですが、疲労のせいで仕事や日常生活に悪影響を及ぼしかねませんから。

 

 

 

ボディビルダーのような大きな筋肉を付けたい場合は、自重ではさすがに厳しいのでジムなどで高重量のウエイトを取り扱うことになります。

 

1回のトレーニングで筋肉に大きなダメージを受けるため、頻度は低くなる傾向にあります。

 

私の場合は、例えば胸の部位において、ベンチプレスを120kgMAXでセットを組んでいたときは週に2回、150kg以上で週に1回でした。

 

 

筋トレには個人差がつきもの

 

筋肉の量、増え方、付き方、また疲労のたまりかた、生活のしかた・・・あらゆる要素が一人ひとりで異なります。

 

つまり個人差はとても大きいということになります。

 

週に3回のペースで筋トレしたとして、同じ筋肉量だとしても、ぜんぜん疲れずに筋肉量が増えていく人もいれば、疲労がどんどんたまっていって筋肉量がまったく増えない人もいるのです。

 

毎日やってもぜんぜん平気な人もいますね。

 

それだけ個人差は大きいのです。

 

 

ちなみに、筋肉痛はトレーニングに慣れれば起きにくくなります。

 

「筋肉痛が起きない=効果がない」ではありません。

 

ただ筋肉痛になるとどうしても痛みが気になって集中できなくなります。

 

その際は、ゆっくり休むことをおすすめします。

 

 

まとめると・・・

 

筋トレの頻度を決める際は、あなた自身の体と相談してください。

 

細マッチョ目的の場合、まずは基準となる週3回(同じ部位で)でやってみて、物足りなかったら回数を増やす、逆に疲れがたまっていると感じたら回数を減らしてみてください。